練上志野茶碗 ねりあげしのちゃわん

鶴田 純久
鶴田 純久

練上志野茶碗 ねりあげしのちゃわん 志野茶碗

二種の土をほどほどに練り合わせ、それで形づくるやきものを「ねりあげ手」と呼んでいます。厚くかけられた志野釉(長石釉)の下から、白い土と、鉄分の多い黒っぽい土の二種が混合されているのが透かしてみえますが、高台付近の三角の土見には、はっきり二種の土をみることができます。やきものは焼成後、二割ほどちぢまりますので、収縮率の同じ土を合わせなければならず、ねりあげ手は手間のかかる仕事です。二種の土そのものが釉下の文様となり、流動感のある器形と相まって、面白い装飾性をみせています。《寸法》高さ8.1~8.9 口径21.5~14.9 高台径6.1~6.3 同高さ0.6 重さ642

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2