子の子餅 ねのこもち

鶴田 純久
鶴田 純久

子の子餅 ねのこもち 唐津茶碗

唐津茶碗。茶碗のための茶碗といった感じのする茶碗です。非常に素直な作行きで、作者が朝鮮の陶工であることを語っています。茶人は好んでこうした無作の作為を貴んだのでした。
高台の少し上に指痕らしきものがあり、これを子の子餅になぞらえて命銘。子の子餅を食べる季節の陰暦十月頃は、茶のおいしい頃で、そんな頃に使われたのでしょうか。利休が所持した三つの筒茶碗の一つで、唐津としては初期に属します。《付属物》内箱-桐白木、書付細川三斎筆 外箱-桐白木、書付船越伊予守筆 総外箱-貼紙書付閑事庵宗信筆《伝来》鴻池家《寸法》高さI0.5 口径9.2~9.6 高台径5.4 同高さ0.5 重さ415

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2