乃の宮 ののみや

乃の宮 ののみや 薩摩茶碗

薩摩茶碗。釉の変化が多彩で、見込の景色にも、高台近くの作振りにも茶情が濃いです。この茶碗に限らず薩摩焼は、釉が何段にもかけ合わされて、その景色の面白さを珍重し、見所としています。嵯峨の野宮の鳥居は木を削らず使いますが、その黒ずんだ色をこの茶碗に見立てて命銘したといわれます。釉を二重がけにするというやや進んだ釉法、薄い腸洒な造りなどから、遠州の好みを感じさせます。同種茶碗の中では、名品として珍重されている尤物です。《付属物》箱-桐白木、書付小堀権十郎筆《寸法》高さ8.5口径9.5~10.1 胴径10.4 高台径8.0 同高さ0.9 重さ355

練上志野茶碗 ねりあげしのちゃわん<< >>志野掛花入 しのかけはないれ

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.