志野茶碗

志野茶碗 銘 通天

高さ:7.9cm
口径:14.1cm
高台外径:6.5cm
同高さ:1.1cm

 外張りで立ち上がりの高い腰が強く、口縁や釉ぎわの火色がいかにもあざやかです。通天の銘も、その赤みにちなんで紅葉の名所たる京都東福寺の通天橋から採られたものでしょう。
 この茶碗も多くの志野名碗と同様に、桃山時代、美濃大萱の産とみられますが、作風の上で、共通のタイプを遺品の中に見いだすことができます。つまりこの手は、腰が立ち上がり、胴の丈に比べて口が広く、茶碗としては浅めの感じですが、胴や裾、高台わきにも、箆削りのあとが目だって、作玲き総体に強く激しい印象を受けます。通天ではことに腰張りで低めの感じで、勁さはいっそう強調されていて、この種の茶碗として特色の別してはっきり表われた作です。姿にも不律の感じがきわだっていて、成形の上にもデフォルメの好みばすこぶる強く投影しています。二重高台の縁を幾カ所かつまんで、花高台ふうになっているのも、その影響とみられましょう。
 長石釉はたっぶりと厚めにかかって、案穴が膚一面に出ています。その下に見え隠れに、亀甲つなぎや木賊・わらびとも見られる紋様や二重の輪つなぎが、太い銹絵で描かれていますが、いかにもこの姿にふさわしい素朴な絵付けです。腰下、釉ぎわの指あとも無造作で、時に応じての好個の景にさえなっています。鋳び絵といえば、亀甲つなぎは時に他にも見うけますが、木賊・わらびや輪つなぎは、古志野では珍しいモチーフといってよいです。
 命銘の由来ともなっているように、この茶碗では□辺、腰のあたりに、ことに火色があざやかですが、膚ににじみ出た天然の冴えた火色の美しさは、古志野にのみ許された独檀ひだすき場ともいうべき大きな魅力の一つで、同じ桃山の茶陶たる古備前の「火禅」ともまた異なった味わいを蔵しています。
 この火色は、古志野名碗の約束でもあり、元屋敷の志野になるともう火色は見られないといってよいです。昭和の志野でも、火色は最も苦心の存するところらしく、多くは塩の工作で火色を出すようですが、天然と人工の差はその味わいの上に歴然と現われます。
 見込みには小さな目跡が三つあり、糸底は付け高台ふうで、いわゆる二重高台になっています。口縁につくろいが四ヵ所あります。
内箱 桐白木 蓋表書き付け「通天」筆者不詳
伝来。もと平瀬家伝来で、戦後現在の所持者の手に移りました。
(満岡忠成)

志野 茶碗 銘 通天 007

Shino tea bowl. known as ‘Tsuten’
Diameter 14.1cm
高さ7.9cm 口径14.1cm 高台径6.5cm
桃山時代
 志野茶碗の中では特に赤味の鮮かな茶碗であろう。立ち上がりの高い腰は勁く、胴を弓形に、口はやや端反りぎみになり、高台際から腰にかけて緩やかな曲面を見せている。底にはざんぐりとした二重高台がついているが、外側を指で押さえて花形にしている。どちらかといえば形式的な姿に味わいを求めての作為であろう。厚くかかった釉はよく溶け、全体に柔らかな赤味があらわれ、高台を中心にほぽ正三角形に大きく土膚を残している。胴には、亀甲繋文、木賊、蕨、輪違いなどの文様が濃く薄く描かれている。見込は茶溜りを中心にかなり深く、そこに小さい目跡が三つ残っている。
 その銘は豊かな赤味にちなんで、紅葉の名所京都東福寺の通天橋によったものと思われる。かつて平瀬家に伝来した。

通天 つうてん

志野茶碗。総体に赤い発色で、紅葉を連想させるところから、紅葉の名所である京都東福寺の通天橋の名をとって銘としました。
高台が比較的大きく、二重高台。その二重高台のところどころを押さえて、とぼけた味を出しています。素地土はざんぐりした、いわゆるもぐさ土です。胴に無造作に描かれている鉄絵も、素朴で面白いですし、鉄釉も鮮やかで美しいです。釉はずぶがけで、三角状の土をみせているのは、「志野橋上大物絵茶碗」(六六頁下)と同手法です。《伝来》大阪平瀬家《寸法》高さ7.5~8.8 口径12.8~13.1 胴径14.0 高台径6.5 同高さ0.9 重さ510