志野茶碗

志野橋上人物絵茶碗 しのきょうじょうじんぶつえちゃわん

志野橋上人物絵茶碗 しのきょうじょうじんぶつえちゃわん 志野茶碗

鉄絵具で、人物が今にも橋から落ちそうな絵が稚拙に描かれ、それが面白く茶人に愛されたのでしょう。腰張りで、かなり深い筒茶碗です。縁をやや締めた山形が面白いです。箆目もなくゆがめもせず、素直な作行きながら変化に富んでいます。高台は二重高台で、釉はずぶがけで、三角形に土をみせています。箱の蓋裏に啼啄斎が詩を書いており、「人従二橋上一過、橋流水不レ流」からこの銘となりました。
深く厚手の腰張りで、極寒使いに最適でしょう。《付属物》箱1桑、書付啼啄斎宗左筆、蓋裏詩銘書付同筆《伝来》鴻池家《寸法》高さ9.9~10.6 口径9.7~10.1 胴径11.2 高台径6.1 同高さ0.4 重さ502