鶴田 純久
鶴田 純久
須恵器 直口壺
須恵器 直口壺

Sue ware: jar with straight mouth. Excavated at Miiyama, Kagamihara-shi, Gifu 5th century. Height 19.3cm.University of Gifu.
岐阜県各務原市三井山出土
6世紀
高さ19.3cm 口径14.2cm 胴径12.2cm
岐阜大学史学研究室
 6世紀中ごろになりますと、飾られた壺類の口頸部は著しく長大化します。直口壺もまたその例にもれず、本器のごとき大ラッパ状に開いた口頸部をもったものが現われます。口頸部に三本の太い沈線を引き、それぞれの下に櫛目波状文を施しています。素地は黄褐色で各所に焼きぶくがみられ、轆轤もまずいです。葬送用につくられたものでしょう。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email