鶴田 純久
鶴田 純久
丹波擢鉢
丹波擢鉢

高さ10.2cm 口径15.5×24.4cm 底径11.2cm
 中世以来の古窯であるのに。丹波焼では桃山以前の擂鉢は極めて稀であるらしく、伝世品ではこの作品一つを数えるのみという。全体に大きくひずみ、見込には筋目がつけられ、見込から側面にかけて自然釉がかかっていますが、なかなか味わい深い景色に焼き上がっています。口辺に「サ」の窯印が入っています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email