鶴田 純久
鶴田 純久
瀬戸 山茶碗
瀬戸 山茶碗

Seto ware: tea bowl, yama-chawan type. Excavated from ceramic Kiln east of Jin’ya Mine, Seto-shi, Aichi. 13th century. Diameter 15.5-16.0cm.
愛知県瀬戸市陣屋鉱山東窯出土
13世紀
高さ6.0cm 口径15.5~16.0cm 底径7.0cm
 13世紀前半代の一般的な山茶碗の一つであり、やや浅く、腰にまだふくらみをもっていて、古い様相をとどめています。山茶碗は原則として無釉であり、この山茶碗は最上部に置かれたため、自然降が溶けてかかったものです。このような荒い土を用いた粗質の山茶碗は、山茶碗のみの窯で焼かれたものであり、施釉陶と併焼されることはありません。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email