鶴田 純久
鶴田 純久
信楽茶碗
信楽茶碗

Tea bowl in Shigaraki style, Awataguchi ware
Mouth diameter 11.1~11.9cm Tekisui Art Museum
高さ8.6~9.2cm 口径11.1~11.9cm 底径5.0cm
滴翠美術館
 空中の信楽に似た作行きのもので、手捏風に作られています。口まわりには高低がつき、腰はまるく 高台は小さく引き締まり、高台内に印が捺されていますが、印面は判然としません。口まわりや胴裾に灰釉をかけ、他は焼締めの土膚を見せています。内箱の蓋表に 「古あ「わた焼」 蓋裏には「此茶器 鴻池道億 伝来 今一瓶斎所持戊戌之春 湘泉庵 誌之」 と書き付けています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email