鶴田 純久
鶴田 純久
絵高麗写鉢
絵高麗写鉢

Ninnami: bowl in the style of egörai (Chinese Tz’u-chou ware with black painting over white glaze)
Mouth diameter 14.7cm
Tekisui Art Museum
高さ6.1cm 口径14.7cm 高台径5.3cm
滴翠美術館
 古来、中国磁州窯で焼かれた白釉黒花の鉢を、わが国では絵高麗と呼んでいますが、実際には朝鮮半島で焼かれたものではなく、中国で焼かれたものです。この鉢も磁州窯の作風をよく倣ったもので、白化粧がけの素地の上に鉄釉で牡丹文をあらわし、針描きを加え、その上に透明釉をかけて焼き上げています。見込は蛇目風に釉を掻き落とし、浅く平らな作行きも、本歌の形をよく写したものです。
 共箱の蓋表に 「絵高麗 茶器 道八」 と記し、仁阿弥の印を捺しています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email