穴窯 あながま

鶴田 純久
鶴田 純久

穴窯 古窯の一形式

古窯の一形式。古く朝鮮風を伝えたものらしく、上代の無釉のすえもの期には大体穴窯が用いられ青黒い還元焼成でありましたが、後代の伊部や常滑あたりに残っているものは多少施釉製に進み酸化焼成に傾いましました。
普通の穴窯は斜面を掘り天井だけを構築したもので、大体は単室で天井の一方に差木孔が開けてあります。
昔は大窯と通称されのちに鉄砲窯などとも呼ばれましたが、江戸時代の初期から唐津系の登窯が普及して穴窯式は次第に衰え、近頃は僻地に少し残っているだけであります。
なお常滑の穴窯は地中に掘り抜きいて窯をつくっています。
山裾を掘って天井だけを築いたものは初期の穴窯で、のちには完全な地上大窯になっています。
考古学からの説明は「須恵器」・「土器焼成法」を参照。(『陶磁工芸の研究』『陶磁文明の本質』)

前に戻る

You might also enjoy

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が

油滴天目 酒井家

大名物国宝高さ:6.8~7.0cm口径:12.3 cm高台外径:4.3cm同高さ:0.7cm 『君台観左右帳記』の一本には、「油滴 曜変の次……上々は曜変にも劣るべからず」とありますが、これはまさしく油滴のうちの上々、稀