尼呉器 あまごき

鶴田 純久
鶴田 純久

尼呉器 朝鮮産呉器茶碗

朝鮮産呉器茶碗の一種。かつて朝鮮の使節がわが国に来た時、京都鷹ヶ峰(北区)の尼寺薬師院に宿泊した女性たちが朝夕使った飯茶碗。大徳寺呉器に比べて小振りで丈が低く、丈に比べて口径か割合に広く、蒼黒味がかった黄色の釉が掛かっています。
(『高麗茶碗と瀬戸の茶入』)

前に戻る

You might also enjoy

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が

油滴天目 酒井家

大名物国宝高さ:6.8~7.0cm口径:12.3 cm高台外径:4.3cm同高さ:0.7cm 『君台観左右帳記』の一本には、「油滴 曜変の次……上々は曜変にも劣るべからず」とありますが、これはまさしく油滴のうちの上々、稀