油滴天目

大名物重文付属物天目台 尼崎台 千利休在判 被服 白地小牡丹古金欄内箱 桐白木 書付 千利休筆外箱 桐白木 書付 松平不昧筆被服箱 桐白木 書付 松平不昧筆伝来古田織部―土井大炊頭利勝―木下和泉守長保―松平不昧―雲州松平 […]

伯庵茶碗 銘 黒田

高き7.9~8.3cm口径:14.6~15.2cm高台外径:5.7~6.0cm同高さ:0.5cm  黒田家に伝来したので俗に黒田伯庵と呼ばれています。伯庵茶碗の約束をすべて備えた名碗で、ことに品性の高い作ゆきのものです。 […]

鼠志野茶碗 銘 通天

高さ:7.7~8.7cm口径:13.2~13.5cm高台外径:7.0cm同高さ:1.0cm  「さざ波」と同様、高根東窯の産と思われる茶碗です。 高根には窯跡が三つあって、西に一つ離れている窯は、例の有名な赤志野、石竹の […]

黄伊羅保茶碗 銘 女郎花

高さ:7.1cm口径:13.2ー14.0cm高台外径:5.5cm上同高さ:0.8cm  松平不昧所持本手黄伊羅保の白眉として世に知られたもので、女郎花の銘は釉色にちなんで不昧がつけたものです。蓋裏に「女郎花今朝はすがたも […]

遠州高麗茶碗 銘 一花

高さ:8.1~8.8cm口径:14.3~14.5cm高台外径:5.8~6.2cm同高さ:1.4~1.6cm  いわゆる高麗茶碗のうち、明確に分類された項目に入らぬものがずいぶんとあり、その中には名碗として珍重されているも […]

釘彫伊羅保茶碗

高さ:7.4~7.8cm口径:13.8~」4.6cm高台外径:6.0cm同高さ:1.0cm  近来釘彫伊羅保では「秋の山」「嵯峨の秋」「両彦」を天下三碗と称して声価が高いですが、「嵯峨の秋」が本巻に収録されなかったのは惜 […]

絵御本茶碗

高さ:9.0~10.0cm口径:13.7~16.3cm高台外径:6.0cm同高さ:0.8~1.0cm  御本は、わが国茶人の好みにしたがって、釜山近くの窯で作らせた茶碗をいい、これをさらに織部御本、遠州御本などに分けてい […]

釘彫伊羅保茶碗 銘 両彦

高さ:7.0~7.5cm口径:14.3~14.5cm高台外径:6.1cm同高さ:1.2cm  秋の山、嵯峨の秋とともに、釘彫り三碗と称されるうちの一つです。 釘彫りは、伊羅保のなかでも、比較的数の少ないもので、『大正名器 […]

絵御本茶碗

所蔵:藤田美術館高さ:8.7~9.0cm口径:12.6~13.4cm高台外径:5.7cm同高さ:2.0cm  青みのある白素地に紅い御本があざやかに出て、それに絵模様があるところから絵御本とされています。箱書き付けにはた […]

釘彫伊羅保茶碗 銘 秋の山

一名:老松高さ:7.1cm口径:13.8~14.3cm高台外径:5.9cm同高さ:1.0cm  秋の山は古来茶人の間で、嵯峨の秋、両彦とともに伊羅保三碗と呼ばれ、ことに出来においては天下一品と称されたものです。釉膚の趣あ […]