油滴天目 竜光院

重要文化財竜光院高さ:4.6cm口径:9.0cm高台外径:3.5cm同高さ:0.4cm 天目茶碗というものは、だいたいにおいて、大きさが決まっています。この巻に集録しましたものの、データを見ていただければ、およそ口径が1 […]

油滴天目 ゆてき

高さ:6.8cm口径:18.7cm高台外径:5.8cm同高さ:0.7cm 油滴天目二種のうち、華北産の油滴の代表的な遺品で、しかも日本に伝世した、珍しい例です。腰が締まり、口が端反りになった鉢形で低く大きめのしっかりした […]

白覆輪天目

重要文化財藤田美術館高さ:7.7~8.2cm口径:14.9~15.0cm高台外径:5.0~5.2cm同高さ:0.6cm 前作と同じたちの油滴天目ですが、金属の覆輪をかけるかわりに、縁だけに白化粧を施して白覆輪としたもので […]

油滴天目 徳川家

大名物徳川美術館高さ:7.4~7.6cm口径13.4cm高台外径:4.5cm同高さ:0.8cm 徳川家の伝来では、曜変天目ということになっていますが、今日の知識からすれば、油滴とするのが妥当でしょう。土は、白いねっとりし […]

油滴天目

重要文化財高さ:7.7cm口径19.4cm高台外径:4.9cm同高さ:0.7cm 南宋時代、福建省の建窯で作られた、縁の外側に反った碗で、内外全面に大粒の油滴が、みごとに浮かんでいます。建窯の窯地には、無数の天目片が、畳 […]

油滴天目 一名星建盞

一名星建盞徳川美術館高さ6.9~7.4cm口径:12.2cm高台外径:4.2cm同高さ:0.8cm 前作と同じく「星建盞」と呼びならわされている尾州徳川家伝来の茶碗です。同じ建窯の産であり、土・形・釉ともよく似ているが色 […]

油滴天目 徳川家

一名星建盞徳川美術館高さ:7.1cm口径:12.2cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 昔から「星建盞」と呼びならわされている尾州徳川家伝来の茶碗です。赤黒く表面のざらついた堅い土は明らかに建窯のものと知れます。土 […]

油滴天目 黒田家

高さ:6.7cm口径:12.0cm高台外径:3.9cm同高さ:0.5cm 油滴天目といえば、漆黒の地釉中に、銀鉄色のまるい斑紋が、美しく散在した茶碗を基準としていますが、古来、曜変、または油滴と称されてきた茶碗のなかには […]

油滴天目 根津美術館

根津美術館高さ;6.6cm口径:12.1cm高台外径:3.8cm同高さ:0.5cm 曜変天目として伝世したものですが、今日ではむしろ油滴の一種と考えられるようになっています。器形は正しい建盞形、鉄分を多量に含んだ、堅い、 […]

油滴天目 松平家

大名物重要文化財高さ:6.8~7.0cm口径:12.5~12.8cm高台外径:4.0cm同高さ:0.6cm わが国に伝世した油滴天目のなかでは、若州酒井家伝来の茶碗と双璧とされていますが、形の整っていることではこの茶碗が […]