名物大正名器鑑朝鮮茶碗

御所丸茶碗 銘 古田高麗

高さ:7.5~8.0cm
口径:11.2~13.0cm
高台外径:7.3~7.7cm
同高さ:0.7~0.9cm

 もと古田織部が所持していましたので、古田高麗と呼ばれ、御所丸随一の名碗として、古くから有名な茶碗です。
 御所丸には、白御所丸と呼んでいる白無地の茶碗と、黒刷毛と呼んでいる黒織部を写した、白地に黒絵の具で紋様を描いた茶碗とがあります。そして黒刷毛では、藤田美術館の夕陽が最もすぐれ、白では古田高麗が第一ということになっています。古田高麗はおなおもしい姿、縁づくり、胴の締まり、焼き上がりの調子など、群を抜いた名碗で、特に高台の作ゆきが非凡です。非凡といっても名も知らぬ朝鮮の陶工が、無造作に箆で削りだしたもので、他の御所丸に比べて高台がどっしりとし、自由な箆目に、くめども尽きない雅致があります。
 素地は、磁器に近い堅く焼き締まった胎で、これに透明性の白釉が内外全面にかかり、貫入はありません。底裏にも釉薬がかかっていますが、畳つきは露胎、内面見込みだけに。志野のような粗い貫入があります。焼成は酸化ぎみでやや甘く、釉薬がまだよく溶けないために、白濁になったところもあり、俗に斑と呼んでいるほのかな紅色の斑紋のあるところもあり、特に腰は一面にほんのりと紅色を呈しています。
 成形は轆轤(ろくろ)ですが、形は織部の沓形をまねています。縁を外にひねりかえして、丸くしてありますが、分厚いところと薄いところの変化に妙趣があります。胴は轆轤(ろくろ)を回しながら、先の平たい板のようなもので締めてありますので、帯状にへこんでいます。腰はふっくらと張っていますが、腰から高台にかけては、一面に粗い箆目があります。箆目は自由に無造作に加えてありますので、どこにもわざとらしいところがなく、この茶碗の不思議な魅力となっています。数ある高麗茶碗でも、高台のこれほどどっしりとして、おもおもしいものは少なく、無造作に加えた箆目が、この茶碗の何よりの見どころとなっています。
 白無地ですが、胴は釉薬のたれや、釉薬のかからないところや、指あど、ひっつきなどで、さまざまの変化があり、焼き上がりのおもしろさとともに、いろいろの景色を添えています。腰と高台に、わずかの山きずがあるだけで、縁には樋一本もなく、完好に近い茶碗です。
 付属物の袋はぐ白地大唐草紋様の緞子・内箱は桐白木・蓋表に小堀遠州の書き付けで、「古田高麗」とあります。外箱も桐白木。ほかに添え書き付け一通。
 もと古田織部が所持し、そのご江戸深川の豪商冬木家に伝わり、一時、古筆了泉が所持していたこともありますが、遊興の資に窮して吉原の検番大黒屋に入質し、扇屋宇右衛門の手に渡ったと伝えられています。天明のころ、鴻池炉雪がこのことを聞知し、出入りの道具商加賀作を江戸に使いにやり、大尽遊びの上、これを首尾よく手に入れたという物語もあります。
 昭和十七年の鴻池家の入札には、この茶碗は出ませんでしたが、戦後、鴻池家から出て、いま大阪の某家の蔵となっています。『大正名器鑑』所載。
(小山冨士夫)

古田高麗 ふるたこうらい

名物。朝鮮茶碗、御所丸、白。
古田織部所持。
胴廻りが深く括れ、裾以下に亀甲形の切り箆が立ち、高台は六角とも八角とも見分け難い程不規則で、総体白釉の中に腰以下がほんのりと桃色を帯び、共色釉がところどころに厚くなだれ掛かっています。
のち江戸深川(江東区)の冬木家に人り、古筆了泉、吉原検番大黒屋、扇屋宇右衛門を経て天明(1781-9)頃鴻池家に人りました。
(『大正名器鑑』)

古田高麗(ふるたごうらい)という茶碗があります。
古田織部の注文を受けて、朝鮮半島南部で焼かれたものらしいです。織部が家康に死を命ぜられた時、この一碗を救い出すために一時の猶予を乞うたと伝えられます。
やがて小堀遠州の手に渡り、さらに古筆家に移ります。古筆了佐の代に、吉原の楼主が了佐を遊興に眈らせ、借金の質流れとしてこの茶碗を取りあげます。
下って天明年間に大坂で名碗のコンクールがあり、前評判で戦わずして敗れた鴻池櫨雪が、ライバル広岡の紅葉呉器(もみじごき)に勝る茶碗はないかと道具商加賀作に尋ねたところ、それは江戸吉原にある古田高麗のほかにはないと答えます。
加賀作はただちに命を受けて、上方の物持主人のように見せかけて吉原へ乗り込み、花扇という傾城を一か月間揚げづめにして楼主の歓心を買い、ついに古田高麗を千二百両、ノンコウ初雪を八百両、合わせて二千両で譲り受け、早かごで大阪に向います。
これを知った江戸の金持ち十人衆は、江戸にある数少ない宝物を奪われたとして切歯拍腕し、しばらくは、これが東西茶人の噂話を独占したといいます。