彫三島茶碗

鶴田 純久
鶴田 純久

所蔵:畠山記念館
高さ:7.0~7.1.cm
口径:14.7~14.8cm
高台外径:5.5cm
同高さ:1.2~1.4cm

 『大正名器鑑』には彫三島の優品として、八重垣・外花・荒簸・檜垣・残雪・彫三島の六碗をあげていますが、この彫三島は、これらにまさるとも劣らない茶碗です。彫三島で、この茶碗ぐらい暖かい、柔らかい感じのするものは少なく、全体が肉色に近い赤みをおびているのも珍しいです。
 素地はわずかに鉄分のある、砂まじりの荒い土で、これに透明性の釉薬が、内外全面にやや厚くかかっています。焼けが甘いため、底や高台わきは半失透性になっており、しっとりとした感じがあります。
 形は、口の平たい浅い茶碗で、匹大きな竹節の高台がこれをささえています。作りは、厚くどっしりとしています。外側には三段、箆で斜めに彫った俗にいう檜垣紋様を刻し、内面は口辺に二段檜垣紋、見込みのまわりに花模様を七つ、その上に十三、花模様を二段型で押し、花模様と内外の檜垣紋には白土を象眼してあります。白象眼は赤土の素地に白土を塗り、これを水にぬらした布でこすって、彫った線や花模様へ白土を埋め、残りの部分は白土をぬぐい取るものですが、すっかりはぬぐっていないので、腰や内面には、うっすらと白土が刷毛目のよ5に残っているところがあり、これがまたこの茶碗の景色となっています。
 彫三島は還元炎、もしくは中性炎焼成のため、焼き上がると紺色、もしくは鼠地に赤みをおびた茶碗が多いですが、この彫三島は酸化炎焼成のため、全体が赤みをおびています。赤みをおびているといっても赤無地ではなく、高台わきには明るい鼠色をした部分もあり、胴にもうっすらと水色がかったところがあり、赤い色にも濃淡さまざまの変化があって、複雑に変化しているところがまた、この茶碗の魅力の一つでもあります。
 彫三島で、全体が赤みをおびている茶碗は珍しく、また焼けがやや甘いため、どこかしっとりとして柔らかい感じがしている、この点を、茶人は特に高く評価しているのでしょう。内面は見込みの茶だまりがへこみ、そのまわりに目跡が八つあります。口辺には、虫食いと呼んでいるほつれがいくつかあり、樋が二本あります。
 なお底裏、畳つきの横に、指あとが二つあります。これは、内外全面に釉薬をかけるため、ずぼりと釉甕につけたとき、茶碗を握った指あとで、口辺の親指のあとは、あとから釉を塗ってわからなくしてあります。
 内箱は黒塗り縁紅・外箱は桐白木。松平不昧公の書き付け「彫三島茶碗」の五字があります。
 雲州松平家に伝わった茶碗で、『雲州蔵帳』には、名物並之部に「彫三島」としてあげてあります。
(小山冨士夫)

彫三島 ほりみしま

古来檜垣の彫り文様の三島茶碗を称しましたが、近代にはまた朝鮮高麗末期より李朝初期にかけて焼成された三島手の一種で、胎土の表面に白化粧土を塗抹し、箆のようなもので文様を描き地土を現し、さらに上釉を施して焼成したものをもいいます。
その文様は非常に粗大放胆で双魚・木葉・唐草・蓮弁などを多く用いました。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2