志野茶碗 銘 牛若

高さ:7.6~8.0cm口径:12.3~12.5cm高台外径:6.5~6.9cm同高さ:0.8~0.9cm  志野の茶碗には、橋の絵を描いたものを多く見うけます。これらを住吉神社にちなんで、住吉茶碗と呼んでいますが、この […]

志野茶碗 銘 亀のをの山

高さ:7.6~7.8cm口径:12.5~13.0cm高台外径:5.8~6.2cm同高さ:1.0~1.1cm  胴に亀甲つなぎの紋様がありますので、「亀のをの山」と名付けられたのでしょうが、それは『古今和歌集』巻七の賀歌「 […]

瀬戸利休茶碗

高さ:10.0cm口径:10.3~12.0cm高台外径:4.5~5.0cm同高さ:0.7cm  蓋表に「瀬戸利休」とありますが、作ゆきからいって瀬戸黒の一手とみなされる茶碗です。 名古屋八勝館の利休瀬戸「万歳」にしても、 […]

天目茶碗

大名物重要文化財所蔵:徳川美術館高さ:6.6~6.8cm口径:12.2~12.3cm高台外径:4.5cm同高さ:0.7cm  志野にちかい長石釉の厚くかかった天目形りの茶碗を俗に白天目と呼んでいる。近年美濃の窯跡から出土 […]

仁清 金銀菱茶碗

所蔵:熱海美術館高さ:8.0~8.1cm口径:8.7~9.0cm高台外径:4.9cm同高さ:0.5cm 所蔵:熱海美術館高さ:9.2cm口径:9.8~10.0cm高台外径:4.8cm同高さ:0.5cm  大小入れ子に作ら […]

乾山 滝山水茶碗

高さ:7.8cm口径:10.3cm高台外径:5.4cm同高さ:0.7cm  乾山の茶碗の中で、最も著名なものの一つであり、また乾山全作品中でも、屈指に数えられる優作です。 乾山は、仁清の陶法を伝習しながら、また別に自己流 […]

仁清 うろこ波茶碗

高さ:8.6~8.8cm口径:12.1~12.4cm高台外径:5.0cm同高さ:0.7cm  茶碗の内側は全面に施釉、外側は一部に釉薬を流しかけ、余は素地膚をそのままにして本焼きを行ない、さらにその素地面に直接上絵付けし […]

仁清 波に三日月茶碗

所蔵:東京国立博物館高さ:9.2~9.4cm口径:11.7~12.6cm高台外径:4.8cm同高さ:0.6cm  蓮の実を、水平に半截したような端麗な姿は、朝鮮茶碗の一つである御本茶碗を思わせ、またくっきりと削り出した高 […]

朝日 胴紐茶碗

高さ:8.3~8.5cm口径:12.0~12.7cm高台外径:5.2~5.3cm同高さ:1.1cm  城州宇治の朝日焼は、遠州七窯のうちでも屈指の名窯ですが、この胴紐茶碗は、その筆頭にあげられる名物で、胴をめぐる一筋の刷 […]

高取 面取茶碗

高さ:8.0~8.2cm口径:11.3~11.5cm高台外径:5.6cm同高さ:0.7~0.8cm  箱書きに「高取面 茶碗」とありますが、これは面取りの意で、腰に幅広の面取りがあるからです。 高取茶碗における腰面取りの […]