韓国オンギ会館にて実演

鶴田 純久
鶴田 純久

韓国蔚州郡からの招待でオンギ会館にて実演するようになり唐津叩き水指の造りを披露しました。
あいにくの台風の直撃でお祭り自体は中止になり一般人の来客はなかったものの、韓国全国の学校関係の焼き物を学ぶ学生さん達は見学に来場されていました。

私、恥ずかしながら外国語は殆ど出来ず、韓国では佐賀県嬉野市の陶磁器作家「眞珠陶磁器工房」の「盧眞珠」女氏に通訳をお願いしお世話もして頂きました。今回のオンギ祭りの外国人招待(唯一)も真珠さんのご紹介でも有り尽力して頂きました。

朝鮮より伝わった唐津の叩き技法ですが400年ぶりの里帰りのようでした。
私の叩きの技法は400年前の古唐津にある朝鮮陶工が作った叩きの水指を忠実に造り研究を重ねた物ですが、その技法を披露したのですが観客に皆さんがどう受け取られたか解りませんが、意識の中の隅にとどめて頂けたら幸いと思います。

[ngg src=”galleries” ids=”27″ display=”basic_slideshow”] [ngg src=”galleries” ids=”27″ display=”basic_thumbnail”]
前に戻る

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。