唐津 片口茶碗 銘「離駒」

鶴田 純久
鶴田 純久

唐津片口茶碗の話が出ましたので、お話を。
古唐津奥高麗茶碗に「離駒」という茶碗があります。
大正名器鑑に、直した茶碗を馬に喩え、注ぎ口の孔を閉じて片口をそのまま残したものを離れ駒といい、片口を取ったものを繋ぎ駒というとある。茶碗の画像を見てみると注ぎ口を取った形跡は内容に見えるので意味がいまいち反対のように伺えますが、孔を閉じて口の役割を無くしたので離駒と解釈しましょう。
昔より有名な話で、片口を茶碗に見立てて使えるのは唐津の茶碗だけで、他の焼では茶碗として認められなかったといいます。それくらい唐津の片口とは有名だったようです。
片口 茶碗 奥高麗
片口 茶碗 奥高麗

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。