福原茄子 ふくはらなす

福原茄子 ふくはらなす 漢作唐物茄手茶入

福原茄子 ふくはらなす 漢作唐物茄手茶入

福原茄子 ふくはらなす 漢作唐物茄手茶入

福原茄子 ふくはらなす 漢作唐物茄手茶入

漢作唐物茄手茶入。大名物。「福原Lは所持者の名と思われるが明らかでないようです。
延宝五年、伊達綱村侯が新庄越前守に懇望して以後、伊達家の重宝になったもので、大正五年、同家第一。回の人札に出て五万七手円という高値を呼び評判となりました。
口造りは、きわめて薄手で、捻り返しが浅く、肩が丸くふくらみ、腰が大きく張っています。
総体に赤みを帯びた濃い紫釉地がかかり、黄釉が両肩から流れ合い、一筋となって畳付まで下がっている置形は、ことに見事であります。
置形の反対の面において、腰周り土際に茶みを帯びた紫釉が現れ、肩先に一点の小さなほつれがあるほかは無疵で、きわめて美麗な茶入であります。
蓋は五個あるようで、瓶手蓋のほか好み形の変化が面白くとり合わせています。
このうち三枚が綱村侯の好みで、侯がこれを人手していかに喜ばれたかということを如実に物語っています。
《付属物》蓋-五、無窪瓶手蓋、木口窪・立伝作・肯山公好(肯山公とは伊達綱村の謐号)、無窪打込・立伝作・肯山公好、無窪大撮・立伝作・肯山公好、ちぢみ象牙・立古作・松平備前守好 仕覆-四、笹蔓緞手・紺地宝尽鳥樺緞手・白地木綿地縞間道・紺地巻龍緞子(図版右より) 挽家-鉄刀木、金粉字形・書付小堀遠州筆 唐物朱四方盆 内箱-桐春慶塗、金粉字形・書付同筆 譲状-新庄藩中尾、大平の役人より伊達家奥田あて《伝来》松平飛騨守-新庄越前守-伊達家-島徳蔵《寸法》高さ5.7 口径3.0胴径6.4 底径2.8 重さ五四

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.