信楽茶碗 銘初時雨 098

信楽茶碗 銘初時雨 098
信楽茶碗 銘初時雨 098

高さ8.8cm 口径11.9×13.0cm 高台径6.3×7.0cm
MOA美術館
 信楽茶碗にはいくとおりかの作振りのものがあるが、この茶碗は鉄分の多い土を塗り土して焼成したものであります。口部を不正の三角に歪め、胴の一方にくびれをつけ、大振りのがっしりとした高台がついていますが、腰まわりや高台内の箆使いはなかなか巧妙であります。
その作振りには楽茶碗や志野茶碗の影響がうかがわれ、おそらく慶長頃の作と思われる。土膚は暗い紫褐色に焼き上がり、胴から高台にかけて一部に赤みをおびた朽葉色の灰釉がかかっています。箱の蓋表に、金粉字形で「志からき 初時雨」と書付されています。筆者は不詳。

信楽水指 097<< >>信楽茶碗 銘挽臼 099

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.