信楽平水指 142

信楽平水指 142

高さ12.7cm 口径13.7cm 底径16.9cm
 蓋を落とし掛けに作りずんぐりとした平水指で、全体厚手に成形されています。灰はほとんど降らず、一方は一部白く他は赤く、蓋はほのかに赤く焼き締まっています。やはり江戸時代前期の作と考えられるが、この種の平水指としては優れた作振りのものであります。

信楽旅枕花入 141<< >>信楽茶碗 143

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.