信楽茶碗 143

信楽茶碗 143

高さ9.8cm 口径10.5×12.2cm 高台径5.6×6.0cm
根津美術館
 「挽臼」茶碗と同じ作者の手になるもので、高台右脇に「新」の文字があることから、これも新兵衛信楽茶碗の代表とされています。
小深い茶碗で、胴は板にした土を輪形につなぎ合わせ、それに底をつけた手提ね風の作行きであります。口部に歪みをつけ、底はまるく、志野茶碗のようなざんぐりとした付高台がつけられています。胴の一方に灰が胡麻のように降りかかり、内部は薄く袖膚をなしている、胴に三本縦箆をつけています。見込の円形の布目は底入れするときにつけたものでしょう。有来新兵衛の手作りかもしれません。

信楽平水指 142<< >>信楽茶碗 銘万力 144

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.