鶴田 純久
鶴田 純久
信楽旅枕花入
信楽旅枕花入

高さ18.2cm 口径9.9cm 底径9.9cm
 これも□を姥□にした筒形の旅枕花入で、□部から胴にかけて灰が薄く降り、裾まわりは土膚が赤く焼き締まった景色の美しい作品であります。背面に欽をつけ、表千家九世了々斎が「わび人」と朱漆で直書きしています。箱の蓋表にも「信楽焼花入左」と了々斎が書き付けています。どこか古格のない姿で、あるいは江戸時代中期の作であろうか。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email