信楽尺八形掛花入 銘腕 139

信楽尺八形掛花入 銘腕 139
信楽尺八形掛花入 銘腕 139

高さ30.0cm 口径5.1cm 底径4.7cm
表千家
 尺八のような姿をした細い筒形の花入で、背面に宗旦が「腕旦 (花押)」と朱漆で直書きしています。他に例を見ないおもしろい作振りのもので、いわゆる宗旦時代の宗旦信楽を代表するものと思われる。箱の蓋表に「信楽焼尺八花生」、蓋裏に「信楽焼元伯銘腕ト云宗左(花押)jと表千家九世了々斎が書付しています。不審庵に伝来したもので、いかにも詫び茶に生きた宗旦らしい好みであります。

信楽旅枕花入 138<< >>信楽旅枕花入 141

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.