朝鮮茶碗

雲鶴筒茶碗

高さ:9.8~10.0cm
口径:10.2~12.0cm
高台外径:7.3~7.5cm
同高さ:0.8cm

 雲鶴とか狂言袴と呼ばれている茶碗には、高麗の末期に作られたものと、文禄・慶長の役の前後に作られたものとあります。『大正名器鑑』に録されているものでいえば、尾州徳川家の藤袴(大名物)、平戸松浦家の狂言袴(大名物)、馬越家の狂言袴手、大阪山田家の挽木鞘(大名物)、若州酒井家の疋田筒(大名物)などは、高麗末期の茶碗ですし、益田家の女郎花、藤田家の東雲、村山家の雲鶴筒などは、文禄・慶長の役前後に作られたものと推定されます。この雲鶴筒茶碗は後者に属し、文禄・慶長ごろ、日本からの注文で、釜山近くの窯で作られたものと思われます。
 素地は鉄分の多い半磁質で、赤黒く堅く焼き締まり、これに青磁釉が厚く、たっぶりとかかり、全面に粗い貫入があります。
 焼成はよく還元して、青みをおびたところと、酸化して赤かっ色になったところと、中性炎焼成のため、暗い鉛色になったところとありますが、全体としでは赭かっ色になったところが多いです。内面にも厚く青磁釉がかかっていますが、底裏は露胎で、赤黒く焦げています。
 形は切り立ちに近い筒形で、縁を丸くつまみ、腰に丸みをもたせ、低い広い高台がついています。作りは厚く、これに青磁釉が厚くたっぶりとかかっていますので、いかにも堂々と、おもおもしい感じがします。
 釉下には白黒の象眼紋があります。外側口辺に近く、白で丸い花紋様を連ね、胴にはくずれた雲鶴紋と、松に宝珠らしいものを、六ヵ所に白土で象眼し、横線をこれに加えてあります。鶴の嘴だけ黒土で象眼してありますが、色調が暗いため、よくわかりません。
 内面は見込みに、白象眼の印紋があり、そのまわりに白い花紋様を六つ配し、目跡が三つあります。
 付属物は、内箱は桐白木、蓋表に「雲鶴筒茶怨」とありますが、筆者は不明。外箱は黒漆、蓋表に朱文字で「雲鶴茶碗」とあります。
 もと兵庫の釉木家にあったものですが、大正二年、大阪美術倶楽部の入札で、谷松屋戸田氏が落札。そのご、長らく名古屋の関戸家に所蔵されていました。
(小山冨士夫)