油滴天目

鶴田 純久
鶴田 純久

名物
付属物 天目台 芙蓉台朱塗内黒
挽家 曲 黒塗 さはり錠前付 貼紙 小堀遠州筆
箱 桐白木 書付 小堀宗慶筆
箱 桐白木 書付 小堀遠州筆
伝来 小堀遠州―井上世外(遠州がこれをもって二代秀忠、三代家光にしばしば献茶した由緒あり)
所載
井上侯爵家道具帳 宗及記 碧雲台会記 大正名器鑑
寸法
高さ:6.1cm 口径:12.6cm 高台径:3.7cm 同高さ:0.6cm 重さ:270g

 前出の油滴天目がどちらかというと豪快な作だったのに対し、これは形姿すこぶる端正で、まことに品のいい作といえましょう。もと小堀遠州の所持で、彼がこの一碗を以て二代秀忠、三代家光将軍に献茶した記録がのこっています。いかにも遠州のきれい寂びの茶にふさわしい、端麗な茶碗です。
 素地は建窯独得の灰褐色のもので、すっきりとたゆたいのない天目形にしたてています。建蓋の高台づくりは、本来きちんと整ったものですが、この茶碗では特にそれがいちじるしいです。高台ぎわのわずか上で、釉が一線にそろって止っていますので、一層その端正さがひきたつのであろy。釉調は前作とほぼ同じですが、油滴の方はかなり激しい流下を見せます。殊に内面では、銀茶色の花火の光芒にも似た筋が一面に落下して、まことに息をのむばかりの美しさを見せてくれます。
たちからいえば兎毫蓋に入るべきものでしょうが、古来油滴として貴ばれてきています。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2