焼き物のお話

皮鯨 かわくじら とは

皮鯨(かわくじら)とは
昔、唐津の地方でよく食していた鯨の身と黒くなった皮の部分が皮鯨といい、器の口の部分に黒く塗ったのが似ているため、そこから出た呼び名です。
本来の意は、茶碗や食器の口の部分を丈夫にするため鉄釉を巻いて焼成した物と思われます。
ぐい呑や茶碗・鉢・皿類が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です