鶴田 純久
鶴田 純久
絵唐津 平茶碗
絵唐津 平茶碗

十七世紀初期甕屋の谷窯
髙4.7 径17.6
元来は平向き付としてつくられたものですが、相当古くから平茶碗として大事にされたらしく、汚れがありません。胎土はやや鉄分のある土で、高台は小さくて低いです。見込みに草花文を、口縁部に草と露を鉄砂で描いています。高台ぎわまで厚く長石釉がかかり、一、二五〇度前後の酸化焼成により、釉は渋い柿色に発色しています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email