鶴田 純久
鶴田 純久
斑唐津 茶碗
斑唐津 茶碗

高さ7.3㎝
ロ径13.0㎝
高台径5.3㎝
 斑唐津の藁灰釉は、酸化して黄ばむか、還元して青みを帯びるか、どちらかになりやすいものですが、この茶碗は珍しくほとんど純白の上りを見せ、いわゆる中性焔のほどよい焼け方をしたためであるでしょう。
例によって、砂目の荒い土を用いて素直な椀形を作り、高台は広く高めに削り出し、付け根に溝を入れて3日月高台としています。
高台内は削られて縮緬皺を見せています。
こういう高台の作りや、碗がやや編笠状にひずんでいることなどから、あるいは初めから茶碗として作られたのかとも思われます。
釉薬はたっぷりと厚くかかり、荒く貫入が走っています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email