斑唐津 徳利 219

斑唐津 徳利 219

高さ16.7cm 口径4.9cm 胴径11.4cm 底径8.0cm
 やや大振りで、御預徳利にふさわしい作振りである。これも藤の川内窯の作だが、藁灰釉がかかった斑唐津に作られている。底は平底で力強い作振りの徳利である。一部に海鼠現象が生じて、味わい深い景色をなしている。類例はほとんど見ない。

志野 草鳥文 向付 246<< >>志野 草文 向付 247

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.