鶴田 純久
鶴田 純久
絵唐津 竹文 徳利
絵唐津 竹文 徳利

高さ15.6cm 口径4.5cm 底径5.9cm
 絵唐津の徳利は極めて少なく、 今までに数えるほどしか見ていません。 この徳利はそのなかの優作で、 胴には竹、 草花、 花などの文様をおもしろく描いています。 裾の張った姿はまったく李朝風で、 朝鮮の作かと見まがうばかりです。

絵唐津竹文徳利

高さ15.6㎝
口径4.5㎝
高台径5.9㎝
 李朝のやきものに親しんだ人ならすぐ気が付くことと思うが、この徳利の形は、粉引や刷毛目といった三島系のそれと全く同じ気分のものであります。
斑唐津や朝鮮唐津の徳利にも同工のものが多いようです。
しかし不思議なことに絵唐津の徳利はきわめて少ないようで、これはその稀少なものの一つであります。
赤みの強いざんぐりした土に、長石の濃い灰釉がかかり、あちこちに白い溜りを見せる。
簡略な竹の葉や、草や花の文様が、そのために淡くかすんだりしています。
細かな貫入が一面に入り、長年の漆み込みで柔らかな膚あいを呈しています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email