志野茶碗

鼠志野茶碗

高さ:8.8cm
口径:12.7cm
高台外径:7.5cm
同高さ:0.7~0.8cm

 鼠志野は、美濃のいたるところの窯で焼いています。無地のものと、象眼したように白い彫噛I暑り紋のあるものとありますが、化粧がけした鬼板の濃淡、志野釉の加減で、鼠の発色は、種々様々です。この茶碗と、まったく同じ釉調、作ゆきの破片が、矢萱の窯下窯から出土しています。
 この茶碗には、絵らしい紫黒色の模様が見えますが、意識的に描いたものかどうか疑わしいです。
 まれに、土地で「赤らく」と呼んでいる黄土を薄く塗り、その上に鉄で絵を描いたものもないことはないですが、この模様らしきものは、それとは異なります。鬼板の加減で、自然にそうなったものでしょうか、筆のあとなることは確かです。
 土は俗にもぐさ土と呼んでいる、粘りけの少ない土で、ざんぐりとした多少砂けのある、もぐさ土です。大萱では、おそらく大平付近から出る土を使ったものと思います。柔らかい感じの志野になるためには、土はあまり焼き締まらぬほうがよいです。五斗蒔あたりの土は、きめの細かいのや粗いのや、鉄分の多いもの、少ないものなど、その種類はきわめて豊富です。織部の窯は、この五斗蒔の土を使っています。
 高台は、ゆったりとした二重高台。高台の内に窯印があります。同じ窯跡から、同じ印のあるエンゴロ(さや)も出てきます。
 このように窯印は、さやにも製品にもしるされているところから、共同の窯で焼く場合に、見分けるための窯印かと思われます。また作者が自分の作品であることを、意識的に表示する場合があったかもしれません。
 姿は腰のあたりを三ところほど、こぶのように張り出して胴の中央に、竹の節状の凹凸をめぐらし、反面には鋭い面取りの箆をみせています。ずっしりとして、見るからに豪快な、堂々たる作ゆ参の茶碗です。この茶碗を掌のうちにかかえて、桃山時代の武将がお茶をすする光景が、今なおありありと見えるような気がします。練り上げ手の「猛虎」や、「羽衣」「朝日影」「朝萩」などは、いずれも同じ作ゆきの茶碗です。
 見込みも広々として、ややうずまき状にえぐられた鏡があり、薄紫がかった鼠の発色も、興趣のつきないものがあります。
 箱その他、付属品には見るべきものはありません。
(荒川豊蔵)

鼠志野 茶碗 072

Gray Shino tea bowt
Diameter 12.5cm
高さ9.0cm 口径12.5cm 高台径7.5cm
 鼠志野茶碗で、胴にはほのかに絵付がされている。全体にかかった志野釉はかなり厚く、低い二重高台の内部に三角の窯印がつけられている。二碗とも力強い作振りの茶碗である。