備前日本

備前 耳付 花生 銘 太郎庵 003

備前 耳付 花生 銘 太郎庵 003

Bizen flower vase with two handles、 known as ‘Tare-an’
高さ25.6cm n径10.6×13.7cm 左右18.0cm 底径12.7 ×13.7cm
 筒形の前後を押えて扁平にした花生で、胴の上部が一段くびれ。その左右にやや小振りの耳を無造作につけています。口作りは外にまるみをもたせて姥口風に内に反し、耳から上の裏面から表にかけて檜垣文を浅く箆彫りじています。さらに、胴裾にも一筋横に箆彫りをめぐらしています。この花生もまた窯変の鮮かな焼上りで、全体がほぼ灰青色に焼き上がったなかに-正面に大小二か所、側面にかなり大きく、あたかも島のように赤くこげ膚が抜けて、まことにおもしろく鮮かな景色をなし、一部に朽葉色の胡麻釉が薄く降っています。平らな底の中央に一文字に細い線を箆彫りしていますが、あるいは窯印でしょうか。口の下に前後ともかん付穴が小さく穿たれていますが、いまは埋められています。箱蓋裏の貼紙に「元文二巳九日 太郎庵所持備前細水指 譲受者也」と記されていますが、筆者は不詳。太郎庵は党々斎原叟門下の茶人、太郎庵良斎でしょう。いまでは花生に用いますことが多いが、かつて細水指として名残りの席に用いられたこともあったのでしょう。かつての所持者に因んで「太郎庵」と呼ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です