備前 花入 銘 宮柱 005

鶴田 純久
鶴田 純久
備前 花入 銘 宮柱 005

Bizen flower vase- known as ‘Miyabashira’
高さ25.1cm 口径13.5cm 底径8.2cm
 器形、焼成ともに抜群の筒花入の傑作でしょう。 口部の下を引き締めて段をつけ、胴を緩やかな撫角の三角に作っています。口部から裾にかけて四段に檜垣風の文様を箆彫りし、矢筈口風の口縁はまるく樋のように作られています。左にきっぱりと斜めに灰黒色のこげ膚が生じ、赤く焼き上がった土膚には、口部から胴裾にかけて朽葉色の胡麻釉が薄く降りかかっています。底は平底で、内側口近く「巡ら」の窯印が印刻されています。箱の蓋裏に「古備前花入 宮柱ト号 水さしにも用。蓋自作 左(花押)」と啼啄斎宗左が書き付けています。蓋は赤楽で、おそらく楽九代了入の窯で焼かれたものでしょう。「宮柱」とは巧みな銘 をつけたものでしょう。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2