朱衣肩衝 あけのころもかたつき

鶴田 純久
鶴田 純久

朱衣肩衝 大名物 漢作肩衝茶入

大名物。漢作肩衝茶入。伝相阿弥著『東山殿肪之記』に「あけの衣いやしくそざう也、あけの衣は五位のしやう也、五位のくらゐほどのっぽなり」とありますが、総体か飴色の中に赤味を帯びた黄釉のなだれか幕状をなして、僧侶の着る朱衣の裾に似た趣があり、銘もこの景色に因んだものであろうといわれます。
漢作肩衝としてはやや小形で黄釉の景色がおもしろく、朱の衣という銘と共に最も興味多い茶入と評されています。
もと武野紹鴎が所持し、のち徳川家康の蔵となり一時紀州侯に移りましたが、同家から再び幕府に献上されました。
1850年(嘉永三)に琉球入貢の功によって薩摩国(鹿児島県)の島津侯に与えられました。
1928年(昭和三)の同家売立では二万七千三百円で落札されました。
(『古今名物類聚』『麟鳳亀龍』『大正名器鑑』)

前に戻る

You might also enjoy

信楽茶碗 銘 水の子

信楽 銘水の子 付属物 内箱 蓋裏 書付 覚々斎宗左筆 外箱 桐 掻合塗伝来 津田宗及―その子江月和尚―冬木喜平次ト寛政の頃(1789―1800)松平不昧―根津青山所載 千家中興名物記 雲州松平家本千家伝来楽名物記 伏見

朝日茶碗 銘老浪士

朝日 銘老浪士 付属物 内箱 桐 書付 金粉字形 外箱 黒塗 書付伝来 戸町露吟―尾州森川家所載 大正名器鑑寸法高さ:8.0cm 口径:12.2ー13.0cm 高台径:5.0cm 同高さ:1.0cm 重さ:260g  こ

萩茶碗 銘 白雨

萩 銘白雨 付属物 内箱 黒塗 書付 金粉字形 外箱 桐白木寸法高さ8.1―8.3cm 口径:14.2ー15.1cm 高台径5.9cm 同高さ0.8cm  この茶碗は、展覧会でしばしば見たことがある名碗ですが、非常に柔ら