伊賀水指

伊賀破れ袋擂座水指 いがやぶれぶくろるいざみずさし

伊賀破れ袋擂座水指 いがやぶれぶくろるいざみずさし 伊賀水指

重文。この古伊賀水指は、口部を開き、上体を締め、下部は袋状にふくれ、それに幾筋か雷鳴のような焼け破れがあります。
「破れ袋」の名がある所以であります。
口縁下に擂座を付け、きわめて強い火度のために、伊賀特有の長石粒をまじえた素土が、窯内の降灰と相まって照りのある褐色とビードロ釉を湧き出させ、内部まで美しい垂れ溜りをみせます。濃淡自然の変化は、まことに火王のなすままの天工であります。
実に古田織部の好みとはかくのごときものでありました。
豪快な重量感をもちながら、姿に少しも渋滞がないようです。
《伝来》岩原家《寸法》高さ20.0 口径19.0~19.5 胴径22.0~23.0 底径19.7~20.5 重さ3700

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です