伊賀水指

伊賀破れ袋水指 いがやぶれぶくろみずさし

伊賀破れ袋水指 いがやぶれぶくろみずさし 伊賀水指

重文。名称・作行きとも次項同様のものです。
これは袋部分の上を締めきって、手段巻に首部が立ち上がり、耳付になっています。
ビードロ釉と焦げ、それに蒼古たる岩石をみるようなくずれが付着し、大きな割れがあります。
窯中火度の上昇にともない、上部の重さにたえかねてできた自然の大割れであります。
この手の伊賀焼を世に「古伊賀」と称し、天正十三年(1585)伊賀へ入国した織部の弟子筒井定次によって始められました。
織部が豪気な大物好みであったことは『分類草人木』にもみえています。
《寸法》高さ21.0 口径(内)10.2~10.7、(外)14.8~15.7 胴径22.8~24.0 底径18.0 重さ3610《所蔵》五島美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です