早苗丸壷 さなえまるつぼ

鶴田 純久
鶴田 純久

早苗丸壷 さなえまるつぼ 唐物丸壷茶入

早苗丸壷 さなえまるつぼ 唐物丸壷茶入

早苗丸壷 さなえまるつぼ 唐物丸壷茶入

唐物丸壷茶入。
大名物「苗」の名は小堀遠州によるもので、その山来は明らかではありませんが、あるいは茶入の若やいた形容に円んだものかと思われます。
伝来は小堀遠州所持ののち、平野屋宗珠に伝わり、以後代々同家に宝蔵されました。
近年に至り山‐家の有となり、現在は同家の設立になる滴翠美術館の蔵となっています。
形容は典型的な丸壷形で、ことに甑の肩から口縁にかけての立ち上がりの曲線は、のびやかで美しいです。
肩の。
部が半面をなし、胴のふくらみを引き立たせ、甑との対比が見所となっています。
釉薬は柿茶釉のににに唐物特有の飴色がかった黒褐釉が、甑から肩および胴にに部半分を覆い、。
部集まってなだれとなって削にまで流れ下がり、見事な置形をなしています。
土は赤褐色の細い唐物ににで、糸切底になっています。
『玩貨名物記』によりますと、「さなへ 京ダ野栄宗珠」と記されていて、当時すでに大名物に列していたことと、その所有者名を知ることができるのであります。
また添えられた唐物の五葉黒塗盆の箱書に、遠州自筆で「早苗」と墨書されていることから、遠州侯愛蔵のほども偲ばれる。
《付属物》蓋 仕覆 宗薫緞子 内箱 書付藪内竹翠筆 唐物五葉志塗盆 盆箱‐書付小堀遠州筆 挽家-書付に「早苗」
《伝来》小堀遠州 平野栄宗珠111 野家山口家
《寸法》高さ5.5 口径2.5 胴径7.6
《所蔵》滴翠美術館

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2