備前日本茶入

さび助 さびすけ

さび助 さびすけ 古備前焼茶入

さび助 さびすけ 古備前焼茶入

さび助 さびすけ 古備前焼茶入

古備前焼茶入。八幡名物。その姿がいかにも、もの佗びた趣をもつところから命銘されました。
元箱は松花堂所持のとき火災により焼失したため、松花堂筆で箱裏に「古織部殿御持料」とあるようで、古田織部が備前の土で新兵衛に命じて焼かせたものと伝えられ、銘も織部によると思われます。
薄造りで捻り返しが深く、口縁の一方が肩に落ち込み傾いています。
胴に竪箆があるようで、半面は褐色地にごま釉がかかり、また半面は赤みを帯びています。
底周りは切り箆が立ち、底には「六」の字と半円形の手印がみられます。
内側は総体に釉がかかり、轆轤目がゆるやかにめぐり、底中央ではやや突出しています。
この茶入は、もとより寂び物の備前ではありますが、さらに佗び味のある見所があるようで、しかも桃山時代の古作であるため、その自然の古色が一層茶入に愛好されるところとなったのであるでしょう。仕覆の古金欄は滑銭と称し、その紋様に唐草を打ちまぜたもので、一手古い金欄の名物裂であります。
備前焼ではこのほか利休所持の「布袋」、清水道閑手造りの「鏡山」、丸壷形の「唐琴」などが著名であります。
『松屋久重日記』『滝本翁器物珍蔵器』『名物目利聞書』ほか諸書に記載されています。
《付属物》蓋 蓋箱-桐白木、書付松平不昧筆 仕覆-花色地滑銭古金屎 仕覆箱-桐白木、書付同筆 内箱-桐白木、書付松花堂昭乗筆 外箱-桐白木、書付松平不昧筆《伝来》古田織部-中沼左京(松花堂昭乗)-酒井雅楽頭-松平不昧-松平月潭《寸法》高さ7.5 口径4.0 胴径6.1 底径5.0 重さ150

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です