清閑寺焼色絵簸花入 せいかんじやきいろええびらはないれ

鶴田 純久
鶴田 純久

清閑寺焼色絵簸花入 せいかんじやきいろええびらはないれ 清閑寺窯

清閑寺窯の歴史は行基菩薩の昔はともかく、すでに室町時代に音羽屋九郎右衛門なる人が音羽焼の名で製陶を行ったと伝えられます。
しかしその作品に優作の現れるのはやはり仁清が色絵を完成したのちのもので、この浪花入はその代表作とみられます。
奇想天外な造形意匠はすでに仁清にもみられ、鋤・錠前・琵琶などの花入があるようで、これに対し古清水系のものにも傘・水引・本などの意表をついた花入が知られます。
旗は矢を入れ背中に負う器具で武具に属しますが、武より文を重きに置く殿上人がこれを好尚したことが興味深いです。造形・彩色とも傑出しており、和全が「清閑寺 旗花入」と箱書しています。
《寸法》高さ33.1 幅13.0《所蔵》滴翠美術館

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2