お話

珠光青磁不遊環花入 じゅこうせいじふゆうかんはないれ

珠光青磁不遊環花入 じゅこうせいじふゆうかんはないれ 珠光青磁花入

色合いや土味などから、本歌は中国民窯青磁のようでありますが、茶碗の珠光青磁と同窯であるかどうかは不明であります。
注目されるのは耳の造形で、瓢形状に湾曲した肩のところに鶯のような鳥が貼布されていて、不遊環の環も無頓着に土の輪をつくって貼り付けた感じで、砧青磁の端正な耳の造りとまったく趣を異にしています。
珍しいのは胴の中央に帯状の線割りと播座がめぐり、ここに文字が彫られていることで、半面に「紅城5月落梅花」の詩が読みとられ、首にも「寿」の字があるところから茶趣の作意も感じられます。
また、のちに淡々斎好みの写しができています。
《付属物》箱-書付玄々斎宗室筆《伝来》裏千家《寸法》高さ22.4 口径6.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です