朝日焼 あさひやき

京都府宇治市朝日山の陶器。遠州七窯の一つ。慶長年間(1596-1615)奥村次郎右衛門(あるいは藤作)が築窯したのが起こりといわれ、主に遠州好みの茶器を焼きましたが、慶安(1648-52)頃から一時絶えました。この時代の

朝日焼胴紐茶碗 あさひやきどうひもちゃわん

朝日焼は、高取とともに遠州七窯の一つに数えられ、茶入のよく知るところですが、小堀遠州が七ヵ所の窯を好んだという史実は、実はどこにもないようです。茶入間の伝承で、おそらく江戸末期になってつくられたことばと考えるべきでしょう