朝日焼 あさひやき

鶴田 純久
鶴田 純久

朝日焼 猪絵茶碗

京都府宇治市朝日山の陶器。遠州七窯の一つ。慶長年間(1596-1615)奥村次郎右衛門(あるいは藤作)が築窯したのが起こりといわれ、主に遠州好みの茶器を焼きましたが、慶安(1648-52)頃から一時絶えました。
この時代の作を古朝日といいますが、多くは茶碗で御本風が主であります。
素地は褐色で、釉肌に黒斑があり、多く刷毛目の櫛描きがあります。
「朝日」印は遠州筆の伝から俗に遠州印といわれ、朝の旁が卓になっているいわゆる卓「朝日」印は小堀権十郎筆で、権十郎印といわれています。
箱書に宇治焼とあるのもおそらく朝日焼であるでしょう。1861年(文久元)に松林長兵衛が再興してから引き続き今日に及んでいます。
今の朝日焼は紅斑のいわゆる御本が特色で、御本写し・三島・刷毛目・彫三島が得意であります。
(『本朝陶器改証』)※うじやき※うじたわらやき

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重