油屋肩衝 あぶらやかたつき

大名物。漢作肩衝茶入。古来大名物茶入中の首位として尊重されたもので、堺の町人油屋常言(浄言)およびその子常祐(浄祐)が所持していたのでこの名があります。同種の肩衝茶入に比べて口径がやや小さく、甑廻りに輪筋が一本あります。

朱衣肩衝 あけのころもかたつき

大名物。漢作肩衝茶入。伝相阿弥著『東山殿肪之記』に「あけの衣いやしくそざう也、あけの衣は五位のしやう也、五位のくらゐほどのっぽなり」とありますが、総体か飴色の中に赤味を帯びた黄釉のなだれか幕状をなして、僧侶の着る朱衣の裾

秋の山伊羅保 あきのやまいらぼ

名物。朝鮮茶碗、釘彫伊羅保。口造りは山道になってベベラがあり、厚く、外側は赤青が入り交じって鹿子模様をなし、轆轤が三つ切廻され、内側は茶溜まりのほかは青味ができ、茶溜まりは深く赤味が出ています。紅緑釉の色が錦を織りなす秋

小くら山 おくらやま

玄悦御本茶碗。船橋玄悦は京都出身の対馬藩の藩医であり、茶の湯に通じ、また陶芸も巧みでした。寛文三年(1663)朝鮮の釜山に渡り、伊羅保や呉器風のものを多くつくっている。その頃、茶入たちの高麗茶碗への渇望に応えて、対馬の陶

雄蔵山 おぐらやま

古井戸茶碗。小貫入。開き加減の柔らかい椀形の作で、竹の節高台も荒さがありません。赤みを含んだ草色だちの釉がおだやかで、轆轤目や高台削りの角張りを柔らかく包んでいます。その釉は細やかで、俗に魚手文と呼ばれる貫入が全体を覆い

江戸斗々屋 えどととや

斗々屋茶碗。中興名物。いわゆる本手斗々屋といわれるもので、淡茶色の素地に釉がかり薄く、枇杷色のあがりに青みの火変わりが景色をなしています。肌には轆轤目による細筋がめぐり、口縁に切回しがあり、ともに見所をつくっている。見込

絵高麗梅鉢茶碗 えごうらいうめばちちゃわん

中国の磁州窯で焼かれた茶碗です。平茶碗形で、高台は高くはないがきわめて大きいです。磁州窯の土は焼き上がると灰色か淡い茶色を呈し、淡色の釉では色が映えないので、素地の上に白泥を化粧がけにします。さらに黒泥をかけ、その上に白

有来 うらい

堅手茶碗。中興名物。有来新兵衛が所持したことによりこの名があります。この茶碗を楚白とする説もありますが、端反り椀形で、竹の節高台をもち、釉が長石を主とした白色失透釉であることから、堅手と考えられます。形は均整のとれた井戸

道蓮文琳 どうれんぶんりん

唐物文琳茶入。道蓮が所持したことからその名があります。道蓮については草間和楽が『茶器名物図彙』の中に記していますが、元祖藤四郎が人道して道元禅師の弟子となり、道蓮と改名したこと、そして春慶が元祖の隠居号であるという説には

薄柿 うすがき

玉子手茶碗。名物。この茶碗は、土・形・釉ともに堅手とよく似ていますが、釉だちが卵白色を帯びて堅手と異なることから、玉子手と別称したものです。銘はその釉色によるもので、全体の卵白色の上に青釉が薄くかかっています。口縁は端反

福原茄子 ふくはらなす

漢作唐物茄手茶入。大名物。「福原Lは所持者の名と思われるが明らかでないようです。延宝五年、伊達綱村侯が新庄越前守に懇望して以後、伊達家の重宝になったもので、大正五年、同家第一。回の人札に出て五万七手円という高値を呼び評判