白玉文琳 はくぎょくぶんりん

白玉文琳 はくぎょくぶんりん 唐物文琳茶入

白玉文琳 はくぎょくぶんりん 唐物文琳茶入

白玉文琳 はくぎょくぶんりん 唐物文琳茶入

白玉文琳 はくぎょくぶんりん 唐物文琳茶入

唐物文琳茶入。大名物。別名「丸屋文琳」。流れ下がった釉の露を白玉とみたか、あるいは文琳全体を愛玩すべき掌中の白玉とみたか、そのいずれかであるでしょう。また京都丸屋林斎の所持により「丸屋文琳」とも呼ばれました。
その後、東本願寺に伝わり、さらに伊達家・徳川幕府・松平伊賀守忠周を経て、大正二年同家より直接根津家に譲り渡されました。
姿は口の小さいわりに甑が立ち、少し下で張っています。
その周囲半分を青瑠璃色の釉がめぐり、胴には粗めの轆轤痕がみられ、肩より品よき丸みで盆付におさまっています。
胴の左右より黄飴釉がなたれて裾で寄り合い、露が底上に止まって最上の置形となっています。
釉は低く、底際までかかり、底は朱泥色の土で、糸切起点に食い違いがあるようで、全面にも不規則な横筋があります。
この茶入は手取りはやや重いが、青白色の釉溜りや黄飴釉の光沢など、文琳中出色の景をみせています。
『古今名物類聚』『寛政重修諸家譜』『御物御道具記』などに記載されています。
《付属物》蓋 仕覆-二、白地古金屎・正法寺緞手(図版右より) 仕覆内箱-桐白木、金粉柳営箱 仕覆外箱-桐白木、書付松平伊賀守忠周筆 挽家-花欄 内箱-桐白木、几帳面、金粉柳営箱中箱-桐春慶塗、金粉文字 外箱-桐白木、書付松平伊賀守忠周筆 添状《伝来》丸屋林斎-東本願寺-伊達家-伊達綱村-徳川綱吉-松平伊賀守忠周-根津青山《寸法》高さ7.4 口径2.3 胴径6.5 底径3.0 重さ九〇《所蔵》根津美術館

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.