絵高麗梅鉢茶碗 えごうらいうめばちちゃわん

絵高麗梅鉢茶碗 えごうらいうめばちちゃわん 梅鉢茶碗

中国の磁州窯で焼かれた茶碗です。平茶碗形で、高台は高くはないがきわめて大きいです。磁州窯の土は焼き上がると灰色か淡い茶色を呈し、淡色の釉では色が映えないので、素地の上に白泥を化粧がけにします。さらに黒泥をかけ、その上に白泥で梅鉢と呼ばれる花文を散らし、無色透明のガラス釉で覆ったのがこの茶碗です。白泥の上に黒泥で梅鉢文を付けたのを「ひなた」と呼び、この茶碗のようなものを「かげ」といいます。各色の調和がとれ、「かげ」の梅鉢茶碗として代表作の一つです。《付属物》内箱-書付桑山可斎筆《寸法》高さ5.2~5.4 口径15.6~15.8高台径6.8 同高さ0.5 重さ295《所蔵》藤田美術館

絵唐津木賊文茶碗 えがらつとくさもんちゃわん<< >>染川 そめかわ

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.