志野茶碗

志野茶碗 銘 住吉

高さ:7.2~7.5cm
口径:12.2~12.7cm
高台外径:6.1~6.3cm
同高さ:0.7cm

 住吉の銘は、茶碗の胴に描かれた橋の絵を、住吉神社の橋に見立てたものでしょう。志野茶碗としては小振りのもので、作ゆきは総体的に軽快であり、薄茶にふさわしい茶碗といえます。
 くっきりとした二重高台は、たしかにいささか無邪気にすぎる感がありますが、すなおな作ゆきであり、無類の柔らかい土味とよく調和しています。
 高台ぎわから腰にかけてめ作ゆきも温和で、柔らかい曲面に削りだされており、また腰から口辺にいたる胴の作りも、ゆったりとした轆轤(ろくろ)目を見せて、ほとんど箆使いのあとをとどめていません。
 やや端反りの口造りは志野通例のもので、口縁はゆるやかな山道状をなしています。
 胴の四方に橋・檜培・暦・そして知賦の絵を描いていますが、その配列に、なんらかの意味があったのか判然としません。おそらく橋と暦が主題で、檜培と井桁が副題の意匠であるように思われますが、それにしてもおもしろい取り合わせの意匠です。鉄絵の具すなわち鬼板の発色は、きわめてあざやかであり、ことに釉薬が白く柔らか味に富んでいますので、いちだんと映えて美しいです。そしてまた口縁や腰まわりの釉の薄い部分にあらわれた火色も釉が白いために、ほのかな赤味をみせて、全体に柔らか味を加えているのも好ましいです。志野茶碗には、橋の絵を描いたものをかなり数えますが、その中でこの茶碗がとくに「住吉」の銘を得だのは、やはり志野釉と鉄絵が、群を抜いてあざやかであったためと推察されます。
 黒漆塗りの内箱の蓋表に、銀粉字形で「住よし」と表わされています。その筆者は判然としませんが、書体は石州の筆体と似通ったものがあります。一蓋裏には砂子を撒いた小色紙に「五条橋志野、井上家伝来」とあって、その筆者益田鈍翁から「五条橋」の追銘を送られています。
(林屋晴三)

志野 橋文 茶碗 銘 住吉 060

Shino tea bowl with bridge design. known as ‘Sumiyoshi’
Diameter 12.8cm
高さ7.7~8.0cm口径12.3~12.8cm 高台径6.8~7.0cm
 前の二碗と比べると、茶碗としても作振りにうまみが出てきている。やや広い畳付の中央にひとめぐり篦目をまわして、一見二重のような高台に作っているので、俗に二重高台といわれているが、高台脇から腰へかけて緩やかにカーブがつき、初期の茶碗の直線的作りと違って、やや軽快な趣が加わってくる。胴には橋の絵と暦風の文様が描かれ、その間に草花文のようなものが描かれている。橋と社のパターンが初期的なものとすれば、しだいに絵文様に変化があらわれてくるように思われる。この手の橋の絵の茶碗はかなり現存していて、管見におよんだものは七碗あるが. なかでは「五条橋」「住吉」「牛若」などが優れている。ここには四碗を収録した。