伊賀水指重要文化財

伊賀擢座水指 銘破袋 019

伊賀擢座水指 銘破袋 019

Water jar with row of bosses, known as “Yabure-bukuro” Height 19.9cm Registerd as lmportant Cultural Property

重要文化財
高さ19.9cm 口径19.3cm 胴径23.0cm 底径20.8cm
 胴に大きな窯割れが生じていることから、古来「破袋」と名付けられ、伊賀水指のなかでも声価の高いものでありました。厚手に成形されているためふくらみに無理が生じているのか、割れが入っています。
 広く開いた口部に段をつけ、外側口辺四方に貝のような大きな捕座を配し、胴の上部に山路風の線彫りを施し、裾張りにどっしりと拡がった下半部には八条の縦筋をつけています。底は平底であります。赤く焼き締まった土膚の一部を残して外側ほぼ全面に草緑色の灰柚がかかり、口部や胴の一部にやや濃い釉溜りがあり、一部は焦げています。ロ部内側と内底にも釉がかかり、ことに内底にたまった柚は美しいビードロ釉になっています。胴に大きく生じた二筋の窯割れは底にもまわり、底は漆で繕われています。口部その他にも小さな割れが生じています。