丹波銚子 222

丹波銚子 222

高さ16.9cm 口径12.5cm 底径9.8cm
兵庫県陶芸館
 備前では銚子は数多く作られていたが、丹波ではほとんど作られていません。今わかっているかぎりではこの作品のみであります。全体にざんぐりとした作行きで、手には線文様を箆彫りしています。肩にも線をめぐらし、焼締めの膚に肩から胴にかけて一部黒い釉をふりかけています。南蛮ものを倣った作振りで、底は平底であります。江戸時代前期の作でしょう。

丹波束柴平水指 221<< >>丹波湯桶 223

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.