黄瀬戸 立鼓 花入 銘旅枕 001

鶴田 純久
鶴田 純久
黄瀬戸 立鼓 花入 銘旅枕 001

Ki (yellow) Seto drum-shaped flower vase- known as ‘Tabimakura’
Height 21.4cm Kubosou Memorial Museum of Art- Izumi City
Registered as lmportant Cultural Property
高さ21.4cm 口径10.5cm 底径11.9cm
重要文化財
和泉市久保惣記念美術館
 内箱の側面にしたためられた「セトの 里うこ 花入」の書付は千利休の筆と伝えられ、利休所持の黄瀬戸立鼓花入として、坂本周斎編の「中興名物記」にも収録されている名物道具であります。
 立鼓(りゅうこ)は鼓胴を立てた姿に似ていることからの名称で、鼓胴を立てた形を器にするという発想は中国の宋時代の陶磁にすでにあり、これら黄瀬戸の場合もそれをうけて、侘びの茶室での花入として。千利休が好みを示して焼造させたものではなかったかと考えられます。
 胴が引き締まりロ部と裾の開いた形は。床の間の花入としてふさわしいもので、その全面に透明性の黄釉がかかり、底には低い輪高台がつけられ、全体にかかった黄釉はよく溶けているが高台の周辺には火間や焦げが生じ、潤いもあって味わいが深い。
 中箱蓋裏には裏千家四世の仙叟が「瀬戸流鼓花入旅枕利休所持宗室(花押)」と書し、外箱には裏千家八世の一燈が「利休所持百会出 黄瀬戸 旅枕 花入 書付宗易筆 外箱 仙叟 江岑書付丸板添」と記していて、『利休百会記』の天正十九年正月二十五日朝の会に記されている「りゅうご花入」にあたるものと推定されています。さらに坂本周斎の箱書によれば、竹田道安を経て周斎の所持となったことがうかがわれる。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2